• HOME
  • 資格者紹介
  • 法人のお客様
  • 個人のお客様
  • 事務所理念
  • アクセスマップ
  • 弁護士費用
  • 顧問契約のご案内
  • お問い合わせ

個人のお客様

不動産問題

不動産とは、土地およびその土地に固定されていて動かない物と民法で定められています。また日本においては土地と建物が別の不動産とされています。そのため、建物だけ土地だけの売買が可能となっています。
生活の基盤となっている不動産ですが、不動産売買や相続などの取引において難しい不動産問題を引き起こす事も少なくありません。
たとえば、不動産問題は、マンションやアパートの立ち退き問題、賃料未払いや延滞問題、賃料改定に関する問題があります。また、欠陥住宅、隣地との境界線、不動産売買に関する登記移転などの問題もあげられます。
不動産には適切な時期に登記を行う不動産登記制度が有ります。また、不動産売買などに関しては、法令を調査し事前に契約書を作成するなどしっかりとした準備が必要です。
さまざまな手続きや、法令に関わることなどについては、不動産問題に詳しい弁護士に相談してトラブルの可能性を検討し、準備、予防することが大切です。不動産問題に巻き込まれた時、自分一人だけで悩むことなく、不動産問題に強い弁護士に相談する事も方法の一つです。
弁護士は、相手方との交渉、調停、訴訟など不動産問題全ての段階で代理人として対応できる存在です。問題の全体を視野に入れて依頼者のための最善の解決方法を提案いたします。
不動産問題に巻き込まれた時、ぜひ一度不動産問題に強いウカイ&パートナーズ法律事務所にご相談ください。

ウカイ&パートナーズ法律事務所は弁護士7名が在籍する法律事務所です。
渋谷駅徒歩2分。フリーダイヤル0120-60-60-38まで。
初回無料の法律相談もあるウカイ&パートナーズ法律事務所にご相談下さい。

当グループでは、弁護士・公認会計士・行政書士、税理士、コンサルタント等の専門家がワンストップでベンチャー企業の設立からベンチャー企業の資金調達・ベンチャーキャピタルの投資に関する相談、ベンチャー企業に対するIPO(株式公開)支援、新規事業の法的規制に関するソリューションを提供し、ベンチャー企業をサポートします。